ダイワハウスの値引き|大和ハウスで失敗しない新築購入

無料でダイワハウスの間取り・見積もりの資料請求ができます♪


ダイワハウスの値引き方法って一体?

ダイワハウスはハウスメーカーの中でも人気があります。

 

ダイワハウスで同じ家を建てるのなら値引き方法を知っておくと
安くマイホームが手に入ります。値引き方法をしっかりと覚えて
実際の交渉に活かしてみましょう。

 

 

人気のダイワハウスの値引き方法って

 

契約前に値引き

ダイワハウスで家を建てることは決めて間取りも見積もりも算出され、
後は契約の印鑑をつくと本契約が完了する直前に値引き交渉をします。
値引きのコツは契約寸前に支払い総額の端数を切って貰える値引き交渉をします。

 

最後の支払い前に値引き

契約後に工事に入るわけですが、支払いも着手金、着工時、そして
完成後の3回に分けて支払います。そして最後の完成後に最後の支払いをするのですがその時に値引きを交渉します。

 

他社と比較値引き

他のハウスメーカーと見積もりの価格を比べて値引き交渉をします。
他社とくらべて安いところはどの項目なのか?高い項目はどこなのかを
実際に見比べることで交渉の幅が広がります。

 

 

 

 

 

新築の一戸建ては、夢のマイホームです。これまで理想や夢だったものが購入するとなると現実になるのです。ワクワクドキドキのうれしさがいいですね。新築の一戸建てを建てる時に一番最初に悩むことがどこの業者に依頼するか?ではありませんか?

 

最近ではほとんどがハウスメーカーで依頼することが多いです。しかしハウスメーカーで建てると決めても、次にどこのハウスメーカーで建てればいいのか?迷ってしまいます。ダイワハウスはハウスメーカーの一つで依頼する候補としては有力になります。

 

 

やはりテレビcmを行っているハウスメーカーの名前が一番最初にでてくるのではないでしょうか?他にも口コミを使って広げるハウスメーカーや、最近ではローコストを大々的に打ち出しているハウスメーカー、耐震を重視したハウスメーカーなどいろいろあります。建築方法も各社、取り扱うタイプの家によって違いますね。

 

 

中でもダイワハウスは、一流メーカーなので価格はもちろん、品質や信頼もしっかりとしています。
ダイワハウスで新築の一戸建てを建てるとなると価格は坪単価で60万から80万は考えておくことです。平均価格でも70万は必要ですし、こだわりの家を作るのであれば坪単価は更に高くなります。
中には90万を超える場合もあります。

 

 

ハウスメーカーの価格で信頼と安心を買うといった方が分かりやすいかもしれません。価格が高い、安いは個人の判断になりますし、安くても住みたい家と現実に差がでるのであれば、どこで折り合いをつけるかがポイントです。最近注目されているのが、ローコスト住宅です。坪単価が30万、40万円というこれまでの建築業界の価格破壊といった方が正しいでしょう。しかし、安かろう、低かろうのローコスト住宅にはそれなりの理由があるのです。もちろん住むことはできますが、口コミなどを見てみると、家の老朽が早いと感じる人が多いのも事実です。

 

 

安くてもまた修繕や補修をする必要があるのであれば、最初からしっかりとしたものを作った方が結果として安く上がったりします。属に言う「安物買いの 銭失い」ですね。しかしダイワハウスの住宅は、しっかりとしていて口コミでも悪い情報はほとんどありません。つまり坪単価が60万から80万の住宅でも十分に価値はあり、その価値は長続きすると考えた方が正しいでしょう。そしてダイワハウスで新築を建てたいけど資金繰りが・・・って時にも対応策はあります。それは土地の価格で調整をする方法です。同じ地域でも場所によっては土地の価格は大きく変わります。500m違うだけでも価格差がかなりあります。駅3分の場所と駅15分の場所では、土地の価格も全く違いますからね。土地代にかける費用を建て物に回す方法もあるという訳です。

ダイワハウスの値引きを最も活かすコツ

ダイワハウスの坪単価はローコスト住宅などに比べてかなり高いですが、どのくらい値引きできるのかが気になるところですね♪結論を申しますと、3〜5%といったところでしょう。やはりよい木材や資材を使っていると値引きも限られてきます。中にはもう少し値引きをした話を耳にしますが、それは本当に正しい情報なのか?逆に疑ってしまいます。しかしどうしても安くしたいと考えるのであれば、家を建てるのを決算期に前に合わせることですね。

 

 

決算前だと状況によっては更に値引きをしてくれるかもしれません。(決算前は売り上げを上げたいから)また新築を建てるのであれば、他社との比較をとるのも必須です。家を購入するということは、営業マンとの交渉が費用を大きく左右します。交渉で自分のペースに持ち込むためには、最低でも相手と同じ、又はそれ以上の情報を持っていることです。相手はプロの営業マンなので、知識や情報量も豊富に持っています。そんな人と情報や知識の全くない素人が話をしても相手のいい値になってしまいます。対等な立場で話をするためにも同じ間取り、同じ仕様で見積もりを取っておくことです。交渉材料に必ず役立ちます。そして予算と建てたい家のバランスが取れたメーカーと契約することが一番です。

ダイワハウスの値引き率は?

大手ハウスメーカーの値引き率は、4%前後といわれています。値引き率や値引き金額についてもその時折りで違いますし担当者によっても違うでしょう。しかし値引きで成功しすぎるとよくないことも実際に起こります。

 

別に値引きが悪いということを言っているのではありません。値引きをしてもらっても材料や仕様などで、質が落ちてしまってはどうしようもありません。またアフターケアや今後の家に関するトラブルにも対応してもらう必要があります。ダイワハウスは一流メーカーですので実際に住んだ感想もいいですし、やアフターもしっかりしている感想も目立ちます。

 

 

これ以上値引きはできなくても担当者によってはサービスをつけてくれる可能性も十分あります。値引き金額がある程度決まったが、まだ価格を下げたいという方は、何もハウスメーカーだけで値引きをする必要はありません。照明器具やカーテン、エアコン、家電製品などいくらでも値引きできるポイントはあります。特にカーテンと照明はネットやニトリなどで購入した方がかなり安くなりますね。おそらく10万以上は安くなるはずです。

 

 

できるだけ家を建てる費用を抑えたい。月々のローンの負担を軽くしたい。できるだけ早くローン返済を終わらせる計画を建てたい。そう考える人が多いのではないでしょうか?意味もなく値引きをするより、ガムシャラに節約するのではなく、お金を効率的に使えるように進めていくことが大事です。そのために今できること、しかも無料でできることは他社との見積もりを比べてみることです。無料の見積もりをしなかったために200万以上余分なお金を支払ったケースもありますし、逆に見積もりを依頼したから300万得した話も聞きます。

 

 

ではどこで大和ハウスの見積もりを依頼すればいいのかというと「タウンライフ」というサイトです。ダイワハウスの見積もりもとれるし、同時に他社の見積もりもとれます。全国に対応しているので、条件に合った近くのハウスメーカーや工務店の間取りプランや新築にかかる費用などの見積もりが無料でもらえます。もちろん値引き交渉や間取りの提案にも役立つものです。最初から1社に絞ると損をするケースが多いのです。そして交渉の場に立った時、「他社の金額はこれくらいです。」「この金額ならこれくらいの仕様・オプションが可能なのでは?」など積極的に交渉を進めることができます。家を建てるという人生で大事なタイミングです。失敗しない家づくりをしましょう。

 

 


平屋 30坪の広さの場合 40坪の広さの場合 大和ハウスの見積もり前に必ず知っておきたい3つの注意点 大和ハウスの坪単価